スピーカーケーブルは 太さ 長さ 末端処理

スピーカーケーブルは抵抗値で決まり

スピーカーケーブルを交換しても、オーディオ装置が生まれ変わったような素晴らしい音にはなりません。オーディオでのケーブルの比重は少ないと言えます。只、もう少しでもレベルアップしたいなら、ケーブル交換と、末端処理の両方で効果を得られることはあります。
  1. 太く短く(情報量を増やす)
  2. しっかり接続(歪を減らす)
アンプからの電気信号をスピーカーにいかに効率よく伝えるかが、スピーカーケーブルの役目です。値段やブランドではなく、伝達効率の良さが音の良さに繋がります。同じ線材を使っていても音に差が出ます。
 音量を上げるほどに、煩く感じたり、ボーカルの癖が強くなる。歪が原因だと思います。歪の原因には、錆や接続方法(末端処理)が考えられます。

抵抗を減らす方法

  • 伝導率の高い材質(予算次第)
  • 太く短く(実用最小限)
  • 末端処理は確実に固定する(端子を使う)
材質としては銀がもっとも抵抗値が低いですが、かなり高価です。銅が現実的です。無酸素銅とタフピッチ銅では抵抗値が同程度なので安いタフピッチ銅でよい思います。金は錆びないという利点がありますが抵抗値は銅より劣ります。
断面積の大きいと抵抗値が下がります。更に、短く使うと抵抗値が下がります。撚り線直付けよりも錫メッキの丸形・Y形圧着端子 ・などで確実に固定すると抵抗値は下がります。

ところが、実際にケーブルを交換した時には、ケーブルの質とは無縁の変化も起こります。
  1. 撚り線の直付は接続のたびに音が変わる可能性があり
  2. 接続端子と撚り線の接続が不確実
1.撚り線をターミナルに直接接続すると、ネジの締め方・撚り方、剝き方、すべて音は変化します。同じケーブルでも手作業で変わります。音質変化の原因がケーブルなのか、その接続方法なのか特定できないことになります。

2.撚り線を接続プラグ等にネジ止めするのと、はんだ付けするのではハンダ付けのほうが良い結果をもたらすでしょう。異種金属での金属同士の相性もあり特に金のターミナルと錫メッキの圧着端子では錆びやすいので注意が必要です

要素が多すぎて困りますね。同じケーブルでも違う音になる要素は多々あるのです。「変化の根拠」も考慮にいれておかないと良いケーブルを捨ててしまうかもしれません。

長さと太さの公式?

直流抵抗だけに着目するなら断面積の大きいケーブルがよいことになるが、そうは行かない場合もあるようです。  
  • ケーブルの抵抗とスピーカーのインピーダンスとアンプのダンピングファクター(スピーカーの余計な振動を抑える機能)で周波数特性が変わる
  とはいっても、自分で出来るのは
  • ケーブルの長さと
  • ケーブルの太さと
  • ケーブルの接続方法
を変えることだけ。「創造の館」さんよると、実用的な長さはmあたり1スケアで十分らしい。以下引用です。 
  • 1mなら1スケア
  • 2mなら2スケア
  • 3mなら3スケア

 シンプルで分かりやすいですね。

キャプタイヤケーブル

安くて太いケーブル代表。スピーカーケーブルとして売られているわけではありませんが、CPは高いと思います。同じ線材で見た目が美しい専用品を探してみるのもいいかもしれません。
仕様が提示されているものを選びましょう。Amazonなどで10m

3.5sqVCTの仕様(オヤイデ電気より)¥600/m 前後

構造

丸型キャプタイヤ

導体構成

3.5sq (45 / 0.32mm) ×2

線材

タフピッチ銅

絶縁体(内部)

PVC

絶縁体(外部)

PVC

絶縁体標準厚

0.8mm

シース厚

1.8mm

仕上がり外径

12mm

許容電流

32A

耐電圧

600V(AC), 750V(DC)

連続導体許容温度

60℃

5.5sqVCTの仕様(オヤイデ電気より)¥700/m 前後

構造

丸型キャプタイヤ

導体構成

5.5sq (70 / 0.32mm) ×2

線材

タフピッチ銅

絶縁体(内部)

PVC

絶縁体(外部)

PVC

絶縁体標準厚

0.8mm

シース厚

1.8mm

仕上がり外径

12mm

許容電流

32A

耐電圧

600V(AC), 750V(DC)

連続導体許容温度

60℃

  • 「太いケーブルでは低音は増えるが高音が減る」?
という説。聴感上の相対的な変化ではないでしょうか。聴感上はむしろ低音が引き締まる傾向があると思います。高音もチープで細い音から伸びやかになる傾向がある筈です。
 周波数特性はあくまでも周波数ごとの音量です。音質と音量はイコールではありませんし、印象は違って聞こえます。テレビの映像に例えると、画面の大きさは同じでも、
  • 2k
  • 4k
  • 8k
と情報量は違いますよね。抵抗値の低いケーブルも、音圧レベルは同じでも、音の解像度は違う。これを大きな違いと言う人もいれば、画面が大きくなければ意味がないという人もいるでしょうね。
 5.5sqを扱う作業は被覆を剥くのも、銅線の先を揃えるのも、なかなかの力仕事になります。それこそ小さい端子には線が入らないし、ケーブル自体の重さでターミナルが壊れる可能性もあります。私はこのグレーの厚い被覆をすべて剥いて使っています。軽くなったからといって聴感上では全く影響はないです。


上の写真、グレーの方が5.5sq。黒い方が3.5sq。5.5sqはずしりと重いです。手持ちの電工ペンチでは刃が立たず、ニッパー・カッター・ペンチで処理しました。
 これ以上太いケーブルもあるでしょうが、実用には、このあたりが限界でしょう。

それでも5.5sqは重すぎるので被覆は剥がして軽くしました。カッターで縦割りし、中からビニール芯線を取り出して使いました。

白黒ねじれが5.5sq、銅色平行がAmazon14AWG。

※ ケーブルの被覆を取るのは振動対策にマイナスだという話は聞いたことがあります。実際に実験してみると人間の聴力の範囲を下回っているようです。私は全く違いを感じませんでした。

参考にさせて頂いたサイト

ざっと読んだだけですが、ここまでに参考にさせていただいたサイトです。
オヤイデ電気オーディオの科学創造の館たかが電線されど電線全てのケーブルで音が変わりますケーブルナンセンス。この中で、しっかりと物理的根拠(測定データなど)が示されているのは「創造の館」さんです。感覚的な表現、形容詞的表現は一切なく最も信頼すべきサイトではないでしょうか。

接触抵抗による歪を減らす

最初に5.5sqケーブルを使ったとき、音がイマイチだと思ったのは末端処理に問題があったようです。太いケーブルの一部分だけで接触していたり、撚り線がゆるゆるだったり。太いケーブルほど末端処理の影響は大きいようです。
  • ボリュームを上げていくとうるさくなる
  • ボリューを上げていくと声に癖が付く
というのは全て接触不良による歪が原因でした。(周辺機器が故障していない場合)
平型端子やギボシかしめ、ハンダ、撚り線のほつれ、バナナプラグの取り付け方、など、
  • アンプの出力端子→スピーカーのターミナル→スピーカーユニット
まで、ケーブルの接続接点は様々なところにあります。
ケーブルの末端処理・締め直しで抵抗を減らすこと。
  • 接触面積を増やす
  • 接点の柔らかさ
  • 撚り線がバラけていないか
  • しっかり加締める
ハンダ付け・錫メッキの端子・撚り線の末端処理。接触面積を増やして接触抵抗を減らすと情報量は増えて高音域の歪や低音のぼやけがなくなり、しずかでクリヤーな音。効果大で驚きました。スピーカーケーブルを交換する前にトライする価値はあります。私のような自作はスピーカーユニットからスピーカーターミナルまでの内部配線処理を見直す価値はあります。(金製品は意外に電気を通しにくい)

接点数

アンプからスピーカーまでの接点は極力少ないほうがいいです。接点が増えると末端処理の数も増えます。少ないに越したことはありません。私は切り替え実験用に使っていたスピーカーセレクターとそれに接続していたプラグなど全て排除しました。

撚り線の先端固定

撚り線がバラけていたり、加締めがゆるい、ハンダが浮いている・錆びているなど、接触不良によるノイズや歪が生じます。それをケーブルの音質だと勘違いする可能性もああります。悪い可能性を一つずつ減らしていきます。ターミナルもバナナプラグも金メッキです。錆難いと思うからです。ところが
  • ハンダなど錫と金の接触は腐食を促進する
  • 銅線にハンダを染み込ませると固くなる
など、予想外の問題も出てきます。先端だけをハンダで固定。安定性がもう一つでバラけたり切れたりで



全体にハンダを染み込ませたら、硬すぎて接触面積が少なくなってしまった



Amazon16awgの先端に0.9mmの単線を巻きつけてハンダ付け。単線のみをスピーカーターミナルやバナナプラグにネジ止め。これは◯?でした。
 単線はハンダよりかなり柔らかく「締めしろ」が感じられます。結果、接触面積が増えたようです。人の「鼻声・カラカラ声」などの癖が薄れ全体に分解能(情報量)があがったようです。


かなり下手で雑な仕上がりですが、それでも撚り線直付けよりは音質向上を感じます。仕上げが上手ければ効果もそれなりにアップしそうです。しかし絶対とは言い難い微小変化。

  • 接触面積を稼げない
私のアンプ側のスピーカー端子。バナナ端子は使えますが、Y型端子が使えません。このツマミを抜き取ることができればY型端子も使えそうですが、このツマミは抜き取ることもできません。メーカーDENONは、より線の直付けを推奨していて、困ったものです。


写真は、撚り線に単線を巻きつけて、ハンダ付けしたものを接続したところ。黒いのは熱収縮チューブ。スピーカー側はY型圧着端子で、こちらのアンプ側は単線端子。さらに良くなりましたが、欲を言えば、もう少しくっきり感がほしいです。今のところはアイデアが浮かびません(T_T)。

撚り線 強加締め

アンプ側。
やはり単線が細すぎて接触面積を稼げないような気がします。アンプの取説には
このようになっています。「裸線を撚って閉めつけろ!」ってわけです。私のケーブルは5.5sqなのでギリギリ入るのですが作業途中で撚り線がバラけてしまいます。そこでより線の先をハンダて固めてから差込ました。

相変わらずハンダは下手です(-_-;)


これは私のアンプの端子と5,5sqのスピーカーケーブルを無理やり押し込むためのやむを得ない手段です。音は高音の癖が少しとれて良くなりました。ケーブルの太さと端子の狭さ、締め付けの関係がたまたまうまくいったようです。
※ 欠点は、時間経過で緩みやすく、適度に増し締めしなければならないこと、錆びやすいことなど。端子の接触面積が細いケーブル用なのかイマイチ。何日か聞いていると高音域の分解能がもう一つでまた癖が耳についてきました。ケーブルを動かして接点が動くものはダメですねえ。(-_-;)

錫メッキ端子で固定 

ニチフY型端子 棒端子など

撚り線直付けから、ネジ締めバナナプラグでかなり良くなったのですが、最終形のY型端子に変えてみます。
スピーカー側。しっかり吸い付くように固定されます。
  • ニチフ 裸圧着端子 Y形(100個入)無酸素銅(C1020)/電気すずメッキ
5.5sqのスピーカーケーブルをスピーカー端子に接続するならしっかり固定しないと接触不良が起きやすい。このY型端子は手で軽く締めるだけで、既にびくともしない。抜群に食いつきが良い。以前5.5sqをつないだときは高音域に癖が残っていましたが、このY型端子を使ったら過去イチの透明で繊細さがUP。5.5sqのケーブルはそのままでは太すぎるので、先端の被覆を剥いたら、撚り線を半分に分け、一方をケーブルの根本に巻きつけ、一方をY型端子に接続します。ばらつき・はみ出し注意、ハンダで固定します。


購入は、配管材料プロ トキワ 楽天店 https://item.rakuten.co.jp/haikanshop/2y8_5166/
写真のスピーカージャックは金メッキ。錫メッキの端子と圧着するにはコンタクトオイルなどを塗布して異種金属の接触による錆対策をしておきます。https://souzouno-yakata.com/shop/2014/11/28/9294/#特徴。

※ 創造の館さんにある末端処理の順位
    良い 
↑ 
丸形、Y形圧着端子 
棒形圧着端子
バナナプラグ (ハンダ)
裸電線(メッキ) 
裸電線 
裸電線(メッキ)+ソルダーレスプラグ 
裸電線+ソルダーレスプラグ
 ↓ 
悪い
同じバナナプラグでもネジ式加締めとハンダづけではかなり分解能がかなり違います。ハンダ固定がより安定クリアーです。

棒端子。導線用穴直径4mmと大きめ。
ターミナル端子の軸に横穴が開いているものに棒端子を刺して締め付け固定できます

このようなターミナルにはY型端子もバナナも接続できます





バナナプラグで固定

バナナプラグは扱いやすさでナンバーワン。抜き差しが至って簡単。
創造の館さんのおすすめ、抵抗値が小さく、ハンダが使えるバナナプラグを買ってみました。

1.サトーパーツ TJ-560

一体型構造が推しです。ケーブルを小さい穴に差し込む構造。ケーブルの差し込み穴径が2mmでAmazon14awgは入りませんでした。ケーブルの先端処理が必要です。ハンダ付が下手な私には難易度が高いです。(-_-;)
気になるのはバナナのバネが弱いこと。ジャックの大きさにもよるのでしょうが、私の場合は軽く引っ張るだけでするっと抜けてしまいます。

材質(絶縁体)ハイインパクトスチロール  
絶縁抵抗(MΩ)50以上(DC500V)  
耐電圧(V/min)AC500  
定格電圧(V)30 
定格電流(A)3  
適合規格RoHS対応
 


2.  ELECTRO PJP DIYバナナプラグ:半田結線タイプ 

こちらは穴径が2.3mmあり、更にハンダ付け用の横穴がありハンダ付けが容易になります。私はこちらがおすすめです。(しかし5.5sqのケーブルはギリ入りませんでした。(T_T))
トキワエレネット・カタログ https://www.tokiwaelenet.jp/html/upload/pdf/product/0000030350046p_TA_vol5.pdf
DIYバナナプラグ:半田結線タイプ
絶縁体:ポリアセタール 
本体:真鍮ニッケルメッキ 
スプリング:ベリリウム銅ニッケルメッキ 
定格:500V AC、最大36A、<33V AC , <70V DC (IEC61010-031の定める測定基準による) 
使用温度:-20℃~80℃ 
使用ワイヤー:導体-φ2.3mm、外径-φ5mm  

音は、現在のところバナナプラグはこれが一番です。確実で動かない安定した接続は、同様に音もしっかりクリアーです。

アンプ背面。スッキリ・きっちり。
DENON PMA-60にはY型端子が使えません。「ELECTRO PJP DIYバナナプラグ:半田結線タイプ」に落ち着きました。

接点の腐食 錆止め

コンタクトオイル

異種金属の接触ではイオン化傾向の差による腐食が進みやすいことがあるようです。特に「金と錫」。金メッキターミナルに錫のY型端子など。私のバナナプラグはニッケルメッキですが念の為コンタクトオイルを塗布しておきます。音に何らかの劣化を感じたら、接点の腐食をチェックしてみるのも大事です。


筆や綿棒につけて塗っています。




半永久的に蒸発しないものもあるようです。
創造の館さんオリジナル電気接点を長持ちさせる~コンタクトオイルです。


撚り線・単線・芯線本数の違いは微小

ケーブルの断面積が同じであれば、撚り線だろうが、単線だろうが、本数が多かろうが、隙間があろうがなかろうが、抵抗値は同じになるはず。その他の効果も2〜3mのケーブルでは聽感上の違いはないようです(静電容量など)。にも関わらず音が変わるとすれば接続処理の問題か、ケーブルの記載データと実際の面積に多少の差異があるのか。ケーブルを始めオーディオ製品を購入するときは仕様データが公開されているものに限ります。(問い合わせに答えてくれるメーカーもあります)


オーディオはスピーカーとそのセッティングがキモ

ここまでケーブルについて書いて置きながら、酷い話ですよね。m(_ _)m


ツイーターの間隔 1.2m、後は壁ギリ。
低音の量感があり周波数特性がよく聴きやすい。

ツイーターの間隔 2m、後は壁から30cm。
解像度があがり、元気が良く鳴りっぷりがいいです。

これだけ違うと全く違うスピーカーのように聞こえます。思い切って大胆なセッティングをしてから、細かく突き詰めて行くのが良いと思います。

オーディオで最も音が変化するのは

1.スピーカーの交換

無い袖は振れません。大口径、大きな磁石、軽い振動板…、元々無い性能は引き出せません。オーディオ製品で最も予算を割くべきところは「スピーカー」です。

.スピーカーのセッティング

置き場所、高さ、スピーカーの間隔…。部屋の大きさや形に合った配置。同じスピーカーとは思えないほど変わります。

3.スピーカーケーブルやスピーカー端子の接続を見直し

物理的には些細な変化ですが、好みの音に近づく可能性があります。無駄を省く?

4.アンプやソース、プレーヤーの見直し

アンプには音色の無いものが理想ですが、ボリュームは音量で抵抗が変化するものも少なからずあります。音量で周波数特性が変わってしまいます。フルデジタルアンプではフラットなものが期待できます。安いものは1万円程度で音質十分。ソースはデジタル時代で、今やYoutubeユーザーもデジタル録音のソースをアップしている方が多いようで、十分良い音質が得られます。
 最近ハマっているのは、

※ ケンリックサウンドhttps://www.youtube.com/c/KenrickSound

です。空気録音がメインです。部屋はスピーカーが壁側に沢山あり、およそ良い環境には見えません。ところが実際はiPhoneで空気録音したものでもハイクオリティー。1万円のアンプでもハイクオリティー。市販のJBLが超ハイクオリティーに生まれ変わっています。音が良いのは周囲の壁からかなり離れているからかもしれません。
 クリアーで爽やか、硬いピアノ、弾むベース、リアルなボーカル…。生き生きしています。JBL名機のレストアが本業ですが、常に更なるハイクオリティーを追求しています。その方法は
  • 徹底した歪の除去や抵抗値を下げる
銀単線ケーブルの向きや磁気のテストまで、ネットワークから電源、DAC…等など、使用機器は殆どオリジナル。クリア+ピュアサウンドのためなら全てやろう…という徹底ぶり。お値段も桁違いですが ^^;。私は無謀にもこのケンリックサウンドに近づこうと研究中です(^^)。

追記 2022年9月18日

おまけのジャンパープレートはペラペラで素材も正体不明で扱いづらい。スピーカーケーブルにYラグを圧着したものを自作。音質も多少向上するでしょうが、何より見た目が気になり交換。キッチリ固定でスッキリ。

異種金属なのでコンタクトオイルも塗りました。

不要になったジャンパープレート

追記 2022年9月16日 

「見た目と使いやすさ」では、CANAREのスピーカーケーブルも良さそうです。仕様表では抵抗値の低いものほど良いということになります。

 4s6--- 1mで 0.037Ω 3mだと 0.111Ω ------  
 4s8--- 1mで 0.015Ω 3mだと 0.045Ω

 電材堂さんによると、富士電線工業の VCT 5.5sq×2芯 600V の導体抵抗値は
 VCT 5.5sq×2芯 600V 0.337 / 100m 、 3mだと 0.01011Ω  ------ 

①と②の差 が  0.1Ω。割合では約10分の一。音質にどれほど影響するのでしょうか。また、同じケーブルでの長さ1mの差は聴感に影響あるのでしょうか。値段と見た目のバランスでケーブルを選んで末端処理をキチンとしてターミナルにキッチリ固定すれば良いだけかもしれません。

検証:スピーカーケーブルで音は変わるのか?(Open Auidio Lab.より引用)

結論

芯径が太いOFC製で直流抵抗がかなり小さい部類のスピーカーケーブル audio-technica AT6158 と、安価なCCA製で直流抵抗が高いスピーカーケーブル Amazon Basic 16 AWGで周波数特性を比較しても、どの周波数帯も1dBを超える違いはありませんでした。

 

CANARE 4s6黒は ¥240/m。VCT 5.5sq×2は ¥739 / m。
導体抵抗値ではCANAREを圧倒していますが、音も圧倒するかは個人の耳次第です。(^^)。


手間いらずで、そのまま使えるプラグ付き。
より線の先はハンダ付けですがプラグへの固定はハンダではなくネジ締めなのが残念。


自分でプラグをハンダ付けしたい方には、切り売りもあります。

※ ざっとググってみた限りではVCTの 3.5sq、5.5sq よりも導体抵抗値の低いケーブルは見つかりませんでした。メーカーさんは見た目重視で売れる商品がいいですよね。

追記 2021年9月5日

スピーカーケーブルを変えて音が変わるのは
  1. スピーカーケーブルによって抵抗値が変わる
  2. 抵抗値が変わるとアンプの出力インピーダンスが変わる(制動力が変わる)
  3. インピーダンス特性が変わると周波数特性も変わる
つまりスピーカーケーブルそのものには音質・周波数特性などないのですが抵抗値が変わることで、その影響はあります。変化の結果が好みの音かそうでないかは、個人の好みにもよりますが。ケーブルが
  • 複雑な構造を持つから音が良いとか
  • 価格が高いから音が良いとか
  • 見た目が高級だから音がよいとか
いずれも根拠にはなり得ません。あるのは抵抗値の違いのみ。絶対的な高音質のケーブルなど有り得ない訳です。全ては交換実験の結果が好みに合うかどうかだけです。構造の違いによる音質の違いをうたっている商品もあります。物理的・理論的には正しいものでも聴感で違いが判らないならお金の無駄です。

※ アンプで音が変わる要素の一つにボリューム(抵抗)があります。これもアンプの価格とは関係なくボリュームのインピーダンスが周波数で一定でないものがあるようです。つまり、音量で周波数特性が変わってしまうのです。視聴では、自分のアンプのボリュームの位置を一定にしないと比較試聴にかなり影響を及ぼすものもあります。私のDENON PMA-60はフルデジタルでボリューム抵抗は音量に関わらず一定です。