投稿日 2020年5月19日

自宅車庫改装その3

梁の上に物置を作る。

いうならば「天井収納」でしょうか。
垂木とOSBボードをコースレッド(木ネジ)で固定してひっくり返して梁に載せます。梁にかかるのは垂木だけです。古材で作った車庫は35年も立つとかなりゆがんでいます。辻褄が合ったら垂木を固定します。

扉をつけて目隠し。

ものを入れるときには、こんな感じで下に開きます。扉を囲むように棚を作りました。

扉は蝶番と丸棒ラッチで。OSB単体ではネジが効かないので、裏側に端材をあててから締めます。


丁番の裏側


ラッチの裏側




棚の面積は63cmx5メートルほどの面積です。スノーダンプ3・雪ハネ・ハンドラッセルの他、まだまだ余裕があります。(断捨離で、35年分の粗大ごみなどを2度に分けて出した後ですが (*^^*))





投稿日 2020年5月19日

自宅車庫改装その2

自転車を整理する

ロードバイク2台は吊るして縦置き、直ぐ出せるよう入り口手前に。天井が低い上に、この方法が最も省スペースで済むようです。


仰向けにひっくり返ろうとするので、後輪に車止めを。


前輪を百均のフック付きゴム紐で吊るす。


3台目のピストは梁の上に。残っていた物干し竿2本を梁にかけてのっけるだけ。


両端はズレないように釘で固定。


4台目の折りたたみ。近場の用足にはこの自転車が役に立つので床置きです。







投稿日 2020年5月19日

カフェ廃業→自宅車庫改装その1

トタン板+グラスウール+OSBボードで壁を作る

この状態からのスタート。
自転車が多すぎるので3台は粗大ごみに(T_T)。



先ずは此処に作るぞと廃業した店のプレートを入り口で宣言。



冷凍冷蔵庫他搬入(赤帽さんの都合で先に搬入)。まだ壁はトタン板のみ。



家のブレーカーを20A〜30Aに変更(東北電力さんは無料)。10秒後に自動復活するブレーカーになりました。20アンペアごとの小分けのブレーカーなので、屋内配線工事は不要。



トタンの壁をOSBボードに変えます。垂木を入れて下地をつくります。



直径50cmほどのグラスウールパック。封を切ったら爆発的にカサ増し^^;







OSBボードは一枚千円程度。


ボードをのせ、カップ搬入。


まだまだ、先は長そうです。どうせコロナで最低でも1年は暇だし。



投稿日 2020年4月23日
投稿日 2020年4月21日
投稿日 2020年4月21日