投稿日 2020年4月23日

工事費無料! 35年ぶりに 20A→30A に変えてみた

 昔はアンペア変更すると基本料金だけではなく従量掛け率も増えていたので現在まで躊躇していました。工夫としては各ブレーカに分配を上手くし、
コンセントを使い分けることで、テレビ大中小、電気毛布、エアコン、FFクリーンヒーター、ドライヤー、照明、オーディオ、冷蔵庫3台、オーブンレンジ、炊飯器・・・・と東北電力のシュミレーションをしてみると「70アンペア必要」と表示される。それをたった20Aでやってきた自分を褒めてやりたいです。
 最近は基本料金のみの月330円の増加なので思い切って変更を申し込みました。



ネットで色々検索してみたところ20A~30Aに変更する際、

  • 無料で済む場合と、
  • 有料高額の場合が、

あるらしいのだ。色々ググって、最後に行き着いたところは以下のサイト。

http://kaden.pcinformation.info/breaker/safety-breaker-20a-30a.htm
安全ブレーカーを20Aから30Aに変える場合、電線の太さが2.6mm以上、コンセントの定格電流が20A以上から30A以下でなければ、屋内配線の張り替え工事、コンセントの交換工事も必要となります。

これを読んで成程と、家のFケーブルを見てみたら1.6mm程度の細いやつ。どう見ても2.6mmはない。ガッカリしながら工事料の相場を調べると、数万円から十数万円。屋内配線全部とコンセント全取替!!の料金らしい。



本日、東北電力様が訪問。
上記の事を先に聞いてみた。すると先ず、外のメーターの下側2本のケーブルを指して、
「このケーブルで全然だいじょうぶです」と仰る。



次に分電盤。
「20A毎のブレーカーついてますから屋内の配線はそのまま1.6mmでOKです。」と。つまり、大元が30Aでも、その下には20A毎のブレーカーに別れている。その先は”1,6mmケーブル”で問題ないということ。



一番大きなブレーカーがあった場所が、白いラベルを貼ったスイッチがないものに変わりました。

消えたブレーカーが

  • 「アンペアブレーカー」
で、過電流でバチコンと家中の電気が消えるやつです。新しくついたのっぺらぼうなやつが
  • スマートメーター
で、一旦バチコンになるけれど10秒ほどで自動的に復活するそうな。





それでもしつこく何の対処もせずにいると9回で、ほんとに落ちる仕組みだそうです。

でブレーカー交換だけの費用は無料。
無料…、無料..、.無料...。
何回聞いてもいい響きです。(*^^*)

因みに、
私はよりそう+eねっとバリューも申し込んだので、毎月55円安くなります。