浸け置きより透過式

コーヒーは浸透・透過抽出する

浸透・透過式がベストと考えられます。エスプレッソも浸透・透過式といえますが、味わいはドリップ式とは別物です。透明感があり・多彩・繊細なコーヒーの風味を味わいたいなら、現行ではドリップ式以外にはないでしょう。
 
更に、ドリップ式には
  • 蒸らし式
  • 点滴式
があります。



蒸らし式

  1. 蒸らしに必要なお湯を一気に入れる
  2. コーヒー粉の膨張を待ちます。
  3. カップに必要な湯量を継ぎ足して最後まで抽出します。

点滴式

  1. コーヒー粉に染み込ませるように面全体に点滴します。
  2. コーヒーの中をじわじわと染み込むように点滴のスピードを調整します
  3. 抽出したい量になったら終了。


この2つの方式の違い。

蒸らし式は
  • 蒸らし式は蒸らし時間が長いと粉の温度が下がってしまいます。
  • 二湯目からは湯量が多いので粉にからまない無駄湯がでる。

点滴式は
  • 点滴式は粉の温度が下がりにくい。
  • 無駄湯が少ない
  • すべての点滴がコーヒー粉にからむ。
  • 粉の上側から下側へと透過して濃度が得られやすい。
  • 終了まで手を休めることが出来ません。

この差は明らかで、口に入れた瞬間違いがわかります。
蒸らし式はバランスがいまいちで苦味や渋みに癖が気になります。
点滴式は濃く淹れても、癖がすくなく飲みやすい。口に入れて転がすと風味が更に広がります。

ペーパードリップでは微粉があると、どうしても目詰まりがおこりやすい。またお湯で粉を撹拌するので微粉が底に堆積しやすく、湯溜まりができます。目の荒いものがあればいいのですが。。目詰まりの起きない方法は

  • 粗挽きにする
  • 微粉を取り除く
  • 目の荒いペーパーフィルターを見つける(あるかな?)

などが考えられます。ちなみに私は


を使っています。この組み合わせではなんら手を加えなくても点滴式ができます。微粉が少なく粗挽きにしなくても点滴式で抽出できます。他にもあるのかもしれませんが完璧を求めるとキリがありません。


* 他に使っている道具
もありますが、道具にばかり目が行くと本筋が疎かになるので要注意です。
Share: