投稿日 2019年3月23日

サンプルロースター パンチング有りと無し

1. パンチング無し二重ドラム(間接火・蓄熱式)

漏斗をロースターに入れ五徳に載せガスコンロにセット

直接火が当たらないので煎り上がりまで時間がかかります。
400g以上だとパンチングドラムの2倍は時間がかかるでしょう。
メリットは
  • 蓄熱できる
  • 火力に対する温度変化が鈍い
  • 炎に当たらないから煎りムラが出来ない
  • チャフが飛ばない

ぐらいでしょうか。火を消してもすぐに温度が下がらない。予熱で焙煎が進行していく。
火力を変更しても内部の温度変化には時間がかかります。それを予測する作業となります。焙煎後10分経過してもドラム内の温度は100度以上を維持します。やけどに注意。




2.パンチング有り一枚ドラム(直火・熱気通過式)

 
ロースター(パンチングあり)組み立て全体図



 熱は素通りで蓄熱は出来ませんが、コンロの火力がそのまま反映します。強火で200gなら6分程度でハゼが来ます。細かい温度変化は回転数でも出来ます。コンロのツマミでは弱火・中火・強火など大味な変化となるでしょう。回転を止めると勿論焦げます。やがて燃えます。

  • 豆量が少ないほど 焦げやすい
  • ドラムの回転数でも温度が変わりやすい
  • 火力に対する反応が早い
  • チャフが散らかる


3.温度計

感仕事には限界があります。ましてサンプルロースターにはガス圧計もありません。せめてもの目安として温度計はあった方が良いと思います。密閉型二重ドラムでは内部の空気温度変化が、パンチングドラムではすり抜ける空気の温度変化がわかります。どちらも目安に過ぎませんが温度変化はわかります。目安としては、

  • 温度が上昇傾向
  • 温度が下降傾向
  • 温度が安定傾向

ということが分かるだけです。






4.豆からみれば煎り方は同じ


 豆側から焙煎を見ると、時間と温度の関係が全てなので器具の特性がわかればどちらでも同じような焙煎が出来るでしょう。
どちらも焙煎の仕方は人それぞれ。焙煎がわかっていれば機械は使いこなし次第ですね。