2020年11月23日

そもそもコーヒードリッパーって何?

ドリッパーの役割

ドリッパーはフィルターを支えるための道具だと思っていませんか?。確かにペーパーフィルターは自立しないし、布フィルターのように取っ手もついていないので支えるにはドリッパーが必須です。しかしドリッパーの役目は他にもあります。

ドリッパーは抽出速度をコントロールする

 ドリッパーには一つ穴・3つ穴、それぞれの大きさによって抽出スピードの最高速度を決定します。早ければ薄いコーヒー、遅ければ濃いコーヒーになる傾向です。

 メリタ式では、蒸らしを行ったら、
  • ドリッパーに指定湯量を一気に入れてしまう
あとはドリッパーの穴の大きさによって自然落下するのを待つわけです。

  
 つまり、味の好みは豆の挽き方と量と湯の温度で各自決定しろと言うことです。メリタ さんがズルをしていなければですが、濃いめのしっかりした色塩梅に抽出されています。淹れ方はとても簡単で理にかなっています。


フィルターだけで抽出速度をコントロールする

金属のメッシュフィルターやネルの布フィルターにはドリッパーがありません。抽出スピードをコントローするには少し技術が要ります。とは言っても
  • お湯を注ぐ太さ(量)とポットの位置(高さ)
だけです。
  • 細く注げば湯量が少なく、太く注げば湯量が多い。
  • 注ぐ位置が高い程抽出スピードは遅くなる。
高いほど・細いほど、湯溜まりが出来て、抽出スピードは遅くなります。微粉が多いとフィルターが目詰まりをおこし止まってしまうこともあります。




フィルターとドリッパーで抽出速度をコントロールする

 多くの人は無意識にフィルターとドリッパーの組み合わせで抽出しています。2つの要素を自在に操るのは簡単ではありません。
  • メリタ式で抽出動作をシンプルに済ませる
  • フィルターだけで好みの味を追求する
選択は自由ですが抽出速度をドリッパーにある程度任せたほうが仕事は楽だと思います。焙煎も抽出も、固定要塞が多いほど作業は安定・再現性はアップします。

 お店でお客様をお待たせしないようにするにはペーパーとドリッパーの組み合わせが必須になって来るでしょう。更に、数種類のコーヒーを銘柄別に同時に淹れるという芸当も可能になります。
 家でじっくり趣味の世界に浸って究極の味を追求するなら布フィルターにチャレンジすることをおすすめします。(^o^)/



※ ドリッパーの穴は大きいほど速く、小さいほど遅いわけです。穴が多いほど速く少ないほど遅くなります。形・デザイン・などは殆ど意味がないと私はおもっています。特に溝の深さなど
  • 物理的根拠を示していないもの。
は安易に信用できません。単なる自画自賛・美辞麗句に耳をかす必要はありません。根拠がしめされているならそれを実証してみることが出来ます。


※ 私の好みではドリッパーの穴はもっともっと小さくしてして欲しいです。せめて1分以上の時間をかけて抽出したい。蒸らし1分+抽出1分が最低基準です。これ以下だとボディーを感じるコーヒーは難しくなるでしょう。