TA2024

アンプを修理に出すと5000円から100000円はかかる。自宅の200,000円のヤツは修理に8万円もかかりました。







このアンプはなんと新品で6000円前後で買えるのです。とてもマニアックなルックス。6mm厚はあるだろうかアルミダイキャストの前後パネル。端子は接点抵抗を減らす金メッキ仕様。アップダウンスイッチも良い味をだしてます。究極の必要最小限の回路。発熱もないそうで、スンバラシーの一言。
サブアンプとしてトイレのスピーカーをコントロールするのに使います。音はそれなりでドンシャリ派にはまるで向かないふっくらと柔らかい音。

PWM方式デジタルアンプというものらしいですが、興味のある方はhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1458789364
など、ググってみてください。



Popular past

コーヒー 飲み方 マナー

スコーンの食べ方

簡単 内窓 DIY