2013年3月29日金曜日

別れの余韻

ま、
毎年のことなんですが、バイトさんも卒業していきます。

3年手塩にかけた娘がどっかにいってしまうわけですよ。子供がいない私には嫁にやるようなもんでしょ。世のお父様のお気持ち些かではございますがお察し致します。


ホントはカッコつけて気の利いたセリフでもいってやりたいのですが、いつも何も言えず

「お疲れ様...」

と言うのが精一杯。




気晴らしに妻と二人で自転車。小一時間程走って、iPhoneのパノラマ撮り。八甲田山を撮ったつもりが道路メインにしか見えない。相変わらずのカメラ音痴です。





夜ご飯も気晴らしに華やかちらし系混ぜご飯。



その後も大人しく、韓ドラなんぞをダラダラ見て就寝。

幼い頃は一人っ子のせいか親戚が遊びに来て暫くして帰ると、妙に物悲しかった。

娘たちは皆、大志を抱いて社会に出て行くのでしょうが、私はまた置いていかれたなぁと思いながら、脳ミソ暗転。





翌日は、何やらと朝から忙しく車で出かける。某駐車場で気がつくとボンネットに雑巾がのっかっている。この汚い戦車用のボロ雑巾を載せたまま、市内を走り回っていたのだ。

まだ、

ぼーっとしてるんですね。運転席から見えてるのに妻も私も気が付かなかった。妻もちゃんとしてるようでぼーっとしてるんですね。



別れの余韻。