帰るところがある

東京生まれの東京育ちには
故郷があるのは羨ましいとか、帰るところがあってイイなと言われたりします。私は弘前生まれの弘前育ち。在京時代の帰郷とは、寧ろ切ないものだったような気がします。

辛い、悲しい、失恋、挫折。
夜汽車に乗って何も考えずに故郷を目指す。見るとはなしに車窓を眺め、暗い景色と映り込んだ自分の情けない顔をダブらせる。錦を飾れない故郷に帰るのはかなり辛い。暖かく迎えられると尚更辛かったり。

被災地の人はまた津波が来るかも知れない場所に、帰りたいという。やはり、生まれ故郷だからなのでしょうか。たとえ辛くても、帰るところなのでしょうか。


Popular post

コーヒー 飲み方 マナー

簡単 内窓 DIY

金木犀 騒動