地デジ 雨で映らない?

アンテナ受信レベルが低い

受信状態不良 最低40% 視聴不可に!

原因 2つ発見。

  • 防水対策のない中継器が腐食していた。(屋根)
  • ブースター接続の同軸ケーブルの芯線が折れていた。(室内)
錆びて腐食した中継機を金属製の「F形中継接栓」に交換。ブースターのケーブルは剥き直して。それにしてもアンテナレベルが60%と低い。以前ホムセンで我が家の地域は電波が強い地域だという情報を頂いた。屋根の上では、
  • UHFアンテナ→第一中継→第二中継→屋内配線
となっています。どこで減衰してるのか、アンテナから順次チェックします。

  • 小型液晶テレビ(受信レベルチェック用)
  • 1メートルの同軸ケーブルの両端にF形コネクタをつけた自作のテストケーブル
  • 延長電源ケーブル(テレビ用)
  • 工具(ニッパ・ラジオペンチ・自己融着テープ・カッター)

以上を屋根の上にを持っていきます。(リュックとかにまとめて背負っていけばはしごを登りやすいです。)アンテナレベルチェッカーがあればよいのですが絶対的レベルを表示するものは高額(?万円)です。元を取れる業者さんでないと購入不可。幸い19型の液晶テレビを持っているので、このテレビのアンテナレベル表示機能を使うことにしました。 

アンテナとケーブルの接点チェック(屋根)

屋根に登り、アンテナからケーブルを外し、自作のテストケーブルでアンテナとテレビを直結。 アンテナレベル92%。問題なし。

両端にF型コネクタをつけたテストケーブル

第一中継点とF型接栓(屋根)

次に、第一中継点で、F型中継接栓を外し、アンテナ+F型コネクタ付きケーブルをテレビに接続アンテナレベル92%。F形中継接栓を入れても、アンテナレベルは92%。ここも問題なし。





第二中継点とF型中継接栓(屋根)

更に第二中継点。

ここもF型中継接栓で接続されています。

一方はアンテナに、他方はテレビのアンテナ端子に

F中継接栓を外しても異常なしだが、F型中継コネクタを入れてテレビへ接続すると、なんとここでアンテナレベル44%に減衰。半分以下とは妙。

F型コネクタとF型中継接栓でテスト


繰り返し、中継コネクタを外してテレビに…アンテナレベル92%。問題なし。

中継接栓を接続…44%!? 何度繰り返しても92% → 44%。 

中継接栓の内部に異常があるのでしょうか?。

ホムセンで同じ中継接栓を購入。再度テストするも結果は同じ。ダメ。

F型中継接栓 右新品

第一中継地点ではコネクタによる減衰はないのに、第二中継地点では半分以下に減衰する。つまり原因はコネクタではなく中継点の数なのか。或いは、F形中継接栓を直列に2つ入れるのは減衰が大きいのか。

結局、10mの同軸ケーブルを購入。中継地点を減らした。F形中継接栓を使って測定しても見事にアンテナレベル92%。結果オーライ。

屋内では各部屋へ分配するのでブースターを入れている。更に増幅されて、なんとアンテナレベル100%がでた。大成功である。



教訓、アンテナ線は中継点を減らす

という結論に達しました。減衰が増えるようです。アンテナケーブルの途中結線はきっちり確実に行うのは以外に難しい。銅線一本ショートしても不具合が起きやすい。接点が少ないに越したことはないです。ケーブルの長さだけで起こる減衰量なら屋内ブースターでなんとかなります。

※ 接続による減衰対策として、ラインブースター(1200円程度)を使うこともできますが、BS、CS は中継に入れるだけで済みますが、地デジのラインブースターは電源が必要です。屋外では電源が取りにくかったり、予算的にも、防水対策にも億劫です。

※ 同軸ケーブルの切った張ったでミスると、足りなくなるのが同軸5C用 リング。広げて再利用しようとすると大方切れてしまう。(T_T)。コネクタは使い回しできますが、リングはそうはいかない。予備を買っておくことをおすすめします。

左がF形コネクタは再利用可、右のリングは不可


仕様前のリング


これもサイズを間違わないようにケーブルのサイズを確認しておきましょう。(地デジは普通「5C」です。ケーブルに「5C」の印字があったり、外形が7mm程度が5Cです。)